HiperTFS-2

2 スイッチフォワード コンバータとミドル パワーのフライバック

標準的なアプリケーション

データ シート

ECAD Models


HiperTFS-2

シンボル、パッケージ、3Dモデルをダウンロードします。
Find Models

製品詳細

概要

HiperTFS-2 デバイスでは、ハイ パワーの 2 スイッチフォワード コンバータとミドル パワーのフライバック (待機電源) コンバータを一つの小型 eSIP™ 電源用パッケージに組み込んでいます。このワンパッケージ ソリューションにより 2 スイッチフォワード及びフライバック コンバータ用コントローラ、ハイサイド/ローサイド ドライバ、及び 3 つの高耐圧パワー MOSFETが提供されるので、コストの高いパルス トランスをコンバータに外付けする必要がなくなります。このデバイスは、最大 586 W の主電源コンバータ (2 スイッチ フォワード) と最大 20 W の待機電源コンバータ (フライバック) を必要とするハイ パワーのアプリケーションに最適です。このデバイスは幅広い入力電圧範囲で動作し、HiperPFS などの力率改善ステージの後段に使用できます。

 

HiperTFS-2 の新機能

  • IC の基板挿入が改善 – 3 列パッケージから 2 列パッケージへ変更しました。
  • ピーク電力を 40% まで向上 – 次世代 Intel CPU のピーク電力要件を容易に満たします。
  • 自己バイアス ハイサイド ドライバ – バイアス巻線が不要です。
  • メイン コンバータで 66kHz/132kHz のオプション設定が可能です。

 

製品ハイライト

主なメリット

  • 2 スイッチ フォワード メイン電源とフライバック待機電源を備えたワンパッケージのソリューション
  • 高集積化により、小型で高電力密度の設計を少ない部品点数で実現
  • コントローラ、ゲート ドライバ、及び 3 つのパワー MOSFET を内蔵
  • レベル シフト技術により、パルス トランスが不要
  • 保護機能:低電圧保護 (UV)、過電圧保護 (OV)、過熱保護 (OTP)、出力過電圧保護 (OVP)、待機電源過電力補正 (OPC)、短絡保護 (SCP)、ILIMIT
  • トランスリセット制御により、あらゆる状況で飽和を防止
  • 50% を超えるメイン デューティ サイクル動作により、RMS 電流及び出力ダイオードの電圧定格を低減
  • 入力電圧範囲全体で待機時の過負荷電力の変動 10% 以内

用途

  • PC (80 PLUS® Bronze 及び 80 PLUS Silver)
  • プリンタ
  • LCD TV
  • ゲーム機器
  • ハイ パワー アダプタ
  • 産業用及び家電製品

用途

出力電力

出力電力テーブル
製品3 2 スイッチ フォワード
380 V
フライバック
100 V - 400 V
連続 1
(50 °C)
ピーク2 50 °C
TFS7701H 148 W 187 W 20 W
TFS7702H 190 W 297 W 20 W
TFS7703H 229 W 375 W 20 W
TFS7704H 251 W 419 W 20 W
TFS7705H 269 W 466 W 20 W
TFS7706H 298 W 513 W 20 W
TFS7707H 322 W 553 W 20 W
TFS7708H 343 W 586 W 20 W

テーブル 1. 出力電力テーブル

注:

  1. 適切なヒートシンクを使用したオープン フレーム設計での実質的な最大連続電力により、規定の周囲温度でのヒートシンク測定温度を 95 ºC 以下に維持。
  2. ピーク負荷は 10 秒未満、平均電力は最大連続負荷未満。
  3. パッケージ:H:eSIP-16F(注:ヒートシンクに直接取り付け、断熱 SIL パッド不要)。

製品ドキュメント

設計例

製品イメージ