CAPZero-2

電力損失ゼロ X コンデンサ自動放電 IC

図 1. 主な用途 - 簡素な回路ではない場合

データ シート

ECAD Models


CAPZero-2 ECAD Models

Download symbol, footprint, and 3D models to speed your design process.
Find Models

製品詳細

AC 電圧の印加時は、CAP200DG により X コンデンサ安全放電抵抗への電流が遮断され、230 VAC では電力損失を 5 mW 未満、つまり実質ゼロに低減します。AC 電圧の切断時は、CAP200DG により直列放電抵抗が接続され、X コンデンサが自動的に放電されます。この動作により X コンデンサを自由に選択できるので、電力消費が変わらず、ディファレンシャルモード EMI フィルタの最適化と、インダクタ コストの削減が可能になります。

CAP200DG を使用して設計を行うには、必要な時定数を実現するために使用する X コンデンサの値から、適切な外部抵抗の値を選択するだけです。EuP Lot 6 要件を満たすシステム設計を行う上で、シンプルかつ耐久性のある 2 端子 CAP200DG IC は理想的な選択肢となります。

用途

主な特長

  • 1 個で 100 nF ~ 6 mF の X コンデンサ容量に対応
  • AC 電圧への接続時は X コンデンサ放電抵抗への電流を遮断
  • AC 切断時は放電抵抗により X コンデンサを自動放電
  • EMI フィルタ設計を簡素化 – より大容量の X コンデンサでより小さなインダクタンスの部品を可能にし、従来と変わらない消費電力を実現
  • 2 端子のみ - システムの入力ヒューズの前段でも後段でも、安全基準に適合
  • PCB 上及びパッケージ上での沿面距離が 4 mm 以上
  • 自己バイアス方式 - 外付けのバイアスが不要
  • 高いコモンモード サージ耐性 - 外部への接地なし
  • 高いディファレンシャルモード サージ耐性 - 1,000 V 内部 MOSFET
  • NEMKO & CB 証明書

部品選択テーブル

製品2BVDSSX コンデンサ容量合計の最大値直列
抵抗1
(R1 + R2)
CAP200DG 1000 V 100 nF ~ 6 µF 7.5 MΩ ~ 142 kΩ


注:

  1. IEC 62301、条項 4.5 では、5 mW 未満の待機時電力消費は 0 に切り捨てられます。
  2. 値は定格値です。RC 時定数は 1 秒未満です。
  3. パッケージ: D:SO-8

製品ドキュメント

設計例

Related Videos

製品イメージ