欧州委員会エネルギー効率ラベルの改訂

欧州委員会エネルギー効率ラベルの改訂

新たに再設定された EU エネルギー効率ラベルは、2021 年 3 月 1 日に 5 つの製品カテゴリーに対して発効します。現在最上位のグレードに位置する製品は、更新されたラベルでは C ランクに下がる可能性があります。高いグレードを維持して消費者を引き寄せておくために、多くのメーカーはすでに効率を大幅に向上するための家電製品の再設計を開始しています。

リンク: 欧州委員会のエネルギー ラベルのメイン ページ

欧州委員会によると、エネルギー ラベルは、A (最も高い効率) から G (最も低い効率) で色分けされており、欧州の 93% の消費者が認識し、省エネ製品を購入する際には、79% の消費者が考慮しています。最も高いカテゴリーのラベルが与えられた製品は、競合他社より優位に立つことができます。エネルギー効率の向上により、最高評価レベルに対して A+ から A+++ まで適用した数年後には、ラベルの完全な再規定が必要になります。

新しいクラス A は、さらに高いエネルギー効率モデルに対して余地を残すために、最初は該当なしになります。サプライヤは、製品を欧州市場に投入する前に、エネルギー ラベリングのための欧州製品登録データベース (EPREL) に製品情報をアップロードする必要があります。

PI のアプリケーション技術部門ディレクターである David Chen によるウェビナーを見る:
EU のエコデザインとエネルギー ラベリング指令
  • 詳細については、公式の「技術メモ」をご覧ください。
  • 詳しくは、EU の「省エネ製品」をご覧ください。